春の乾燥肌は、花粉アレルギーや気温の変化などが原因で悪化します

暖かくなってきた春の季節にお肌が乾燥するの?と驚いている人もいるでしょう。
カサカサで粉を吹くような時や、洗顔後に皮膚が突っ張る感覚など…乾燥肌は一年を通して多くの人が悩んでいるトラブルです。

お手入れをせずに乾燥肌を放っておくと、シワ、シミ、たるみ、ほうれい線、くすみなどお肌の老化を早める原因につながります。黒ずんだ毛穴や毛穴詰まりなどの毛穴トラブルも乾燥肌が原因といわれています。

季節の変わり目の春は、花粉が多く飛び、紫外線も徐々に強くなる影響で乾燥肌、肌荒れなどのトラブルを引き起こしやすくなるシーズンでもあります。

春の乾燥肌の原因は様々です。春は花粉症の季節ですが、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみといった症状だけではなく、花粉がお肌に付着することで肌荒れを起こすこともあるのです。

また、春は紫外線が徐々に強くなる時季です。紫外線を浴びるとお肌の水分が蒸発して乾燥肌を招く原因にもなります。まだまだ日差しが弱いからといって紫外線対策を怠ってはいけません。

春特有の乾燥肌の原因と、乾燥肌対策について説明していきます。

春の乾燥肌を防ぐスキンケアのコツ

春は気温、湿度などが安定せず寒暖差が激しく、日々コロコロと気候が変化する時季です。そのため心身ともに体調を崩しやすく、お肌も乾燥やかゆみ、吹き出物などの悩みも増えます。

春のこうした不安定な季節に生じる肌トラブルは、花粉など春特有のアレルギー源に反応を起こしている場合があります。

季節の変わり目にお肌がトラブルを生じやすいか診断をしてみましょう。下の項目にいくつ当てはまるかチェックしてみましょう。

春など特定の季節になるとお肌に赤みが出やすくなる
花粉症の症状がある
目の周り、頬がカサカサしている
紫外線に弱い
外出することが多い
何かとストレスがたまりやすい
日頃から睡眠不足である
当てはまる数が多いほど、季節の変わり目など特定の季節に肌荒れしやすい可能性があります。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です