脂漏性皮膚炎とは

カビが原因の脂漏性皮膚炎にご注意を 高温・多湿の気候に加えて、紫外線の強い梅雨時から夏にかけては、肌のトラブルに気をつけたい時期です。

外気に直接ふれる顔や頭皮は、とくに影響を受けやすく、炎症や湿疹が生じやすくなります。

その1つが、脂漏性(しろうせい)皮膚炎です。
脂漏性皮膚炎は、皮脂の分泌が多い場所(鼻の周辺や頭皮など)を中心に起こる皮膚炎です。

皮脂には本来、皮膚や髪の毛を保護し、潤す働きがあります。

ところが、皮脂の分泌量が多すぎると吹き出物ができたり(ニキビ)、皮脂にふくまれる脂肪酸が酸化すると臭いを発したり(加齢臭)と、ちょっと厄介な面もあります。

脂漏性皮膚炎の場合は、炎症を起こして地肌が赤くなり、かゆみをともないます。

皮膚が荒れてかさつき、細かく剥がれ落ちる状態になることも少なくありません。

頭皮に症状が起こると、フケがたくさん出るようにもなります。

当初の症状が、ほかの皮膚炎(アレルギー性皮膚炎や刺激性皮膚炎)と似ているため、脂漏性皮膚炎とは知らないまま、かゆみなどに悩んでいる方はかなり多いと推定されています。

もし、炎症による赤らみ、かゆみ、皮膚のかさつきをくり返す場合は、脂漏性皮膚炎を疑ってみてもいいでしょう。

脂漏性皮膚炎には、ほかの皮膚炎とは異なる大きな特徴があります。

それは原因が、カビの一種(真菌)だという点です。

そのためきちんと治療しないと、慢性化したり、再発したりしやすいので、早めに適切な対策をとることが大切です。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です