感染症の病気

「ギンナン皮膚炎」は、ギンナンの実に触れる事でおこる皮膚炎で、正式には「ギンナン接触性皮膚炎」と呼ばれます。

銀杏の実であるギンナンが実るこの時期に時々みられます。

ギンナン皮膚炎とは?​こんな方は要注意!

■何度かギンナン拾い、皮をむいた事がある人

■ウルシに”かぶれる”人
■マンゴーを食べた時口の周りが”かぶれる”人

この病気とマンゴーやウルシとの関係は?
ギンナンの種皮、銀杏の葉に含まれるビロボールやギンゴール酸、マンゴーに含まれるマンゴールなどのレゾルシノール誘導体と呼ばれるものとウルシに含まれるウルシオールの交差反応性(共通してアレルギー反応を起こす)によるものです。

このような症状がみられた方は、当院までご相談ください。

本院・駅前院ともに、皮膚科は平日毎日診療を行っております。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です