冬にアトピーを悪化させないための方法とは?

冬にアトピーを悪化させないためにはどうすればよいのでしょうか。乾燥が原因となるので、保湿を充分に行うということがアトピー対策のポイントとなります。

大人のアトピーは顔から上半身にかけて乾燥が強くなる傾向にあります。そのため、全身の保湿はもちろんですが、顔や上半身はしっかりと保湿をしていくことがおすすめです。

保湿剤はご自身の使用感が良いものを使用して構いません。こまめに塗ることが理想ではありますが、最低でも1日2回は塗って頂くことを推奨しています。また、ローションタイプなどさっぱりとしたタイプの保湿剤は冬場ですと物足りないこともありますのでクリームタイプやオイルタイプなど保湿力の強いものを使用されるとよいでしょう。また、皮膚の乾燥だけでなく空気の乾燥も改善することが必要です。暖房を使用される際には加湿器もセットで使用して湿度を保っていきましょう。

冬になると熱いお風呂につかりたくなるという方も多いかもしれません。ですが、熱いお湯は皮膚に刺激となり、乾燥を助長したり痒みを引き起こしたりします。そのため、あまり熱いお湯での入浴はおすすめできません。お風呂に入ったら身体がかゆくなってきたという場合には一度出て体を冷やしたり、お湯の温度を下げたりしていきましょう。刺激の強い入浴剤は、身体を温める作用のある入浴剤もおすすめできません。また、入浴後はすぐに保湿剤を使用することで乾燥を食い止めることができます。

さらに大人のアトピーにはストレスが関係していることもあります。冬は空気の乾燥でただでさえアトピーが悪化しやすい時期なので、ストレスをため込まず適宜解消して、アトピーの原因をひとつでも減らしていけるとよいでしょう。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です