10月の肌にこんなこと感じませんか?

✓ きめが乱れて透明感のなさが気になる
✓ シミ・そばかすが目立ってきた
✓ 日焼けしてファンデーションの色が合わない
✓ 血色が悪い気がする
✓ 肌全体がどんよりくすんだ印象に見える

秋になると、肌の印象を左右する「色相」が最も黄み寄りに傾き、くすんだ印象に見えがち。

さらに夏に比べて紫外線量は減りますが、肌内部のメラニンは多いままで、夏のダメージが「肌色」悩みとなって表面化してしまいます。

スキンケアを切り替える
秋になっても、夏の紫外線ダメージによる肌の乾燥は続いています。

乾燥がより進む冬を迎える前に、ここで一度うるおいケアを見直してみましょう。

肌の変化に合わせて、スキンケアを切り替えるのもおすすめです。

詳しいスキンケアなどはお問い合わせくださいませ.

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です