「かゆい」と感じるメカニズム


肌は大きく分けると表面に近い「表皮」と、奥にある「真皮」に分かれています。表皮のなかでも最も表面にあるのが「角質」です。かゆみは表皮と真皮の境界付近まで伸びている感覚神経の末端の受容体(かゆみの神経)によって感知されます。摩擦やホコリ、ダニなど外からの様々な刺激によりこの神経が反応すると、かゆみが発生します。
通常は表皮と真皮の境界付近にあるかゆみの神経ですが、水分が蒸発して肌が乾燥すると、角質のすぐ下まで末端を伸ばします。肌が乾燥するとかゆくなりやすいのはこのせいです。

冬にかゆみが起こる最大の原因は「乾燥」
冬にかゆみが起こりやすいのは、肌が乾燥しやすいからです。肌の潤いをキープするためには、肌表面を覆う皮脂、角質を構成しているセラミド(角質細胞間脂質)やNMF(天然保湿因子)が必要です。しかし、空気が乾燥する季節は乾燥によって水分が逃げやすい状態となり肌は乾燥します。すると、かゆみを感じやすくなってしまうのです。
「加齢」もかゆみの原因のひとつ
肌の経年変化の影響でも、セラミドやNMFといった角質をつくる物質が少なくなります。さらに、角質細胞の生まれ変わり(ターンオーバー)が鈍くなると、本来はがれ落ちるべき角質細胞が表皮に残り、角質層が厚くなってしまいます。すると、潤い物質の少ない角質層が肌表面に増えてしまい、乾燥を助長。かゆみを呼び起こしやすくなります。

冬のかゆみは、かゆくなる前にこれらの対策をしておくことが大切です。早めのケアを始めましょう!

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です