冬の寒さによって体が冷えると、全身の血流が悪くなります。

血液には、酸素と栄養素を全身に運ぶ役割があるため、血行が悪くなると肌のターンオーバーに必要な栄養素が不足して、健康な角層を保てなくなるのです。 その結果、角層の保水力が低下し、肌が乾燥しがちになります。 冬の血行不良を防ぐには、体を冷やさない工夫が必要です。
冬は空気の乾燥だけではなく間違った洗顔や生活習慣の乱れなど、さまざまな原因によって肌が乾燥します。炎症がおこるほどに肌が乾燥している場合は、早めに医療機関を受診することが大切です。乾燥の原因を取り除くとともに、毎日の保湿ケアを続けて肌を守りましょう

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です