乾燥肌になると、肌に赤みが生じるケースがあります。

この赤みをメイクでごまかそうにも、カサつく肌はメイクのノリが悪いため、なかなかうまくカバーできないから困りもの。

そもそも、なぜ赤みが生じるのでしょうか。今回は、乾燥肌に赤みが生じるメカニズムと、効果的な改善策を紹介します。

乾燥肌に赤みが生じるメカニズム
乾燥肌に見られる赤みは、外部刺激によって肌に炎症が起こるために生じます。

まずは炎症とは何かを理解し、その上で、乾燥肌に赤みが生じるメカニズムについて詳しくみていきましょう。

●炎症とは
炎症は、体が外敵から命や健康を守るための免疫システムによる反応です。体は、異物の付着や体内への侵入などを察知すると、これらを排除し、さらにダメージを受けた細胞を取り除こうと働きます。この働きには白血球などの免疫細胞が必要なため、体はトラブルが発生した箇所の毛細血管を拡張させて、皮膚の血液量を一時的に増やして免疫細胞を集めます。その結果、トラブルが生じた箇所に腫れや熱感、そして、赤みといった反応が現れるのです。

●乾燥肌に赤みが生じるメカニズム
体が炎症を起こすと、腫れや熱感、赤みが生じることが分かりました。これは肌でも同じです。そもそも肌には、ウイルスや菌、花粉などの異物が体内へ侵入しないよう、防御する機能(バリア機能)が備わっています。さらにバリア機能は、肌の水分を保持する役割も担っていますが、これは以下のような要因によって崩れることがあります。

① 洗顔時の摩擦
バリア機能は、肌の一番外側にある角質層が整っていることで保たれます。しかし洗顔時に肌をゴシゴシこすってしまうと、角質層が傷つき、バリア機能を低下させてしまいます。また、熱いお湯で洗い流すことでも、バリア機能の維持に必要な皮脂を取り過ぎてしまい、バリア機能を崩す原因になります。
② スキンケアアイテムの刺激
化粧品に含まれる香料や着色料、アルコールなどの成分は、乾燥肌には刺激となることがあります。特に、アルコールは皮脂を取り除く働きがあるので、バリア機能を崩す要因となりやすいです。
③ 紫外線・花粉、ダニやハウスダストによるダメージ
紫外線を浴びたり、花粉やダニなどに触れたりすると、肌はダメージを受け、バリア機能を低下させると考えられています。
④ 生活習慣の乱れによる肌の代謝の低下
バリア機能は、肌が一定のサイクルで生まれ変わる代謝の仕組み(ターンオーバー)によっても維持されています。しかし、睡眠不足や栄養の偏りなど、生活習慣が乱れてしまうと、ターンオーバーが滞り、バリア機能も維持できなくなる可能性があります。

これらの要因によってバリア機能が崩れてしまうと、乾燥肌になるだけでなく、肌は外部刺激に敏感になり、刺激を受けた箇所が炎症を起こしやすくなると考えられています。

通常、炎症はずっと続くわけではなく、異物やダメージを受けた細胞が取り除かれると、免疫細胞を集める必要もなくなるため、血管は収縮し、赤みや腫れなどの症状も治まります。

しかし、バリア機能が低下した状態にある乾燥肌の場合、肌は外部刺激に弱く、トラブルを繰り返しやすい傾向にあります。

トラブルを繰り返すことで、毛細血管の拡張が戻りにくくなり、赤みが続いてしまうことも少なくありません。

つまり、乾燥肌による赤みを抑えるためには、肌トラブルを繰り返さないよう、バリア機能をしっかり整えることが大切なのです。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です