髭剃りで肌荒れする原因
​​​​​​​

髭剃りをする際、T字カミソリや電気シェーバーなどのアイテムを使用すると、肌を削ってしまうことや摩擦が起きるなど、ダメージを与える可能性があります。
髭剃りは、繰り返し行うことで肌表面の角質層を傷つけます。角質層が傷つくことで、細菌などが侵入しやすくなり、ヒリヒリした痛みを感じることや、ニキビ、赤みなど、肌トラブルが起こる原因にもなります。
髭剃りで起こる肌荒れのデメリット

髭剃りで肌荒れになると、様々な症状が起こる可能性があります。髭を剃ることで角質層などを破壊するとお肌はとても敏感な状態に。肌のバリア機能も弱くなるため、皮脂が必要以上に多く分泌され、毛穴のつまりなどが起こり、ニキビができやすい環境になります。
髭剃りを繰り返すことで毛穴に細菌が入り込み、毛嚢炎(もうのうえん)などの症状が出てしまう可能性も高まります。
毛嚢炎は、細菌が毛穴に入り込むことで起こる症状です。ニキビと似ていますが、異なる症状のため、時間が経過しても改善しない場合は、皮膚科で受診することをおすすめします。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です