冬から春先にかけて気を付けるべきアレルゲンはコレ!


季節性敏感肌を引き起こす原因とは、一体何なのでしょうか?

主な原因として挙げられるのが、「季節性アレルゲン」です。季節ごとに異なるアレルゲン物質が肌に付着し、炎症などを起こすことで肌に赤みが出たり通常のスキンケアが合わなくなったりすることで、普段は何ともなかった肌が敏感肌へと変わってしまうのです。

代表的な季節性アレルゲンには、花粉、カビ、ほこり、ハウスダスト、PM2.5などがありますが、季節によっても注意するアレルゲンは異なります。冬から春先にかけてのこの時期は、とくにこれらのアレルゲンに気をつけましょう。

冬から春先、とくに注意したいアレルゲン

スギやヒノキなどの花粉やほこり
増加する紫外線
季節の変わり目による寒暖差
新年度の環境の変化による疲労やストレス
等、敏感肌の原因が沢山あります。この時期は、スキンケアを刺激の少ないものに変えても良いでしょう。

一度調子が悪くなると、なかなか元の健康的な肌に戻らないのも季節性アレルゲンによる敏感肌の特徴。なぜなら、肌荒れは放置しておくとどんどん敏感になり、肌を守るバリア機能が弱まって外的刺激がさらに肌に侵入しやすい状態を作ってしまうからです。

健やか肌を取り戻すには、第一にアレルゲンを寄せ付けないことが大事。そして第二に、アレルゲンに負けないよう肌のバリア機能を高めるスキンケアを行うことも欠かせません。

具体的には、優しい洗顔と丁寧な保湿がポイント。洗顔は肌への負担を減らすためにも低刺激で泡立ちのよい洗顔料を使い、こすらず顔を包み込むように優しく洗いましょう。保湿は、化粧水や乳液といった基本のスキンケアアイテムに加え、敏感肌用の保湿クリームを使うのがおすすめ。日中は空気中のアレルゲンから肌を守り、うるおいを長時間持続できるタイプ、夜は肌を保温しバリア機能を修復する働きのあるタイプの敏感肌用の保湿クリームをプラスすることで、肌の調子が整ってくるのを実感できるはずです。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です