春の「ゆらぎ肌」が起こる原因は?


春先など、季節の変わり目になると肌の調子が崩れてしまう方は多いようです。
肌が普段より敏感になって、いつも使っている化粧品なのにピリピリして肌に合わないように感じてしまったり、ニキビや肌荒れなどのトラブルが起きてしまったり。
こうした不安定な肌の状態は「ゆらぎ肌」と呼ばれます。
春は一年中でも最もゆらぎ肌になりやすい季節なのです。
その主な原因として、以下のようなものが挙げられます。

・原因1:寒暖差の大きさ
暖かい日が続いたかと思えば、急に冬に逆戻りしたように冷え込む日があるなど、春は気候の変化や寒暖差が大きい季節です。
また、一日の中でも日中と朝晩で大きな寒暖差が生じます。
こうしためまぐるしい気温の変化に身体が対応しきれず、春は自律神経のバランスが乱れがちです。結果、ホルモンバランスなどにも影響が生じ、肌にトラブルが起こりやすくなるのです。

・原因2:環境や生活リズムの変化
新年度が始まる春は、職場や家庭での環境がそれまでと大きく変わることが多い時期です。自分自身には大きな変化がないという人でも、職場に新人が加わったり、家族の生活環境に変化があったりなど周囲の影響を少なからず受けることになるもの。
このため春は心身にストレスを受けやすく、これも自律神経の乱れや肌トラブルを引き起こす原因になります。

・原因3:乾燥、紫外線、花粉などの影響
空気が乾燥する季節は冬ばかりだと思いがちですが、春先はまだまだ空気が乾燥しています。肌が乾燥すればバリア機能が低下して、外部からの刺激によるダメージを受けやすくなってしまいます。
それに加えて、春は一気に紫外線量が増えたり、大量の花粉が舞ったりと外部刺激が多くなる季節でもあります。敏感な状態の肌にこうしたダメージを受けることで、肌荒れやニキビなどができやすくなってしまうのです。

春のゆらぎ肌を防ぐために心がけることは?
春の肌はデリケートになっています。
肌のバリア機能をしっかりと働かせるために、スキンケアは冬に引き続き保湿を入念に行うのが大切です。あわせて、日中の紫外線対策にも本腰を入れ始めましょう。
普段の基礎化粧品が肌に合わないように感じる場合は、この時期だけ敏感肌用の化粧水などを使用してみることをおすすめします。

また、自律神経の乱れもゆらぎ肌の大きな原因です。
ゆっくりとぬるめのお湯に浸かる入浴や、良質な睡眠をとるための工夫などを心がけて、心身のストレスを減らすようにしたいですね。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です