この虫刺されってどの種類の虫のもの?皮膚科の受診の目安って?

暖かい季節になると増えてくる虫刺され。とくに蚊による虫刺されは、夏の風物詩といっても過言ではないほど日常的なものです。そのため「虫刺されなんて、大したことない」と思っている人も多いのではないのでしょうか。けれども実は、虫刺されにはいろいろな種類があり、その症状もさまざまです。
そこで今回は、虫刺されの種類や皮膚科受診の目安についてお伝えします。

虫刺されの症状
虫刺され(虫刺症)とは、虫に刺されることで起こる皮膚炎の総称です。この名称には「刺す」という字が使われていますが、刺される以外にも、虫に血を吸われる、咬まれる、接触することによる皮膚炎も、虫刺されに含まれます。
代表的な症状は、痛み、赤み(発赤)、腫れ、かゆみ、水ぶくれなどです。このうち痛みは、虫に咬まれたり、刺されるという物理的な刺激によって生じたり、虫の唾液や毒などが皮膚内に注入される際に起こります。一方、赤みやかゆみ、腫れなどは、注入された唾液や毒に対して起こるアレルギー反応です。このアレルギー反応には、虫刺され直後にみられる「即時型反応」と、数日後に現れる「遅発型反応」とがあります。
さらに、虫の種類や刺された人の体質によっては、アレルギー反応によって気分が悪くなる、お腹が痛くなるなどの全身症状が現れることもありますし、もっとひどい場合には、意識障害やショック症状が起こることもあります。このように虫刺されは、時に恐ろしい症状を引き起こすこともあり、決して侮ることはできないものなのです。

虫刺され・帯状疱疹
虫刺され:原因になる虫って?
お伝えしたように、一般的な虫刺されは「虫に血を吸われること」「咬まれること」「刺されること」そして「虫に接触すること」が原因となります。具体的な虫の種類をご紹介します。

血を吸う:蚊、アブ、ブユ、ノミ、ダニ
刺す虫:ハチ
咬む:ムカデ
接触する:有毒の毛虫
虫刺されは、虫に刺される、血を吸われる、咬まれる、接触することなどによって起こる皮膚炎
代表的な症状は痛み、赤み、腫れ、かゆみ、水ぶくれなど
かゆみや腫れなどは、虫が注入する物質に対してのアレルギー反応である
虫に刺された直後に起こる即時型反応と、数日後に起こる遅発型反応がある
虫刺されは、時としてアナフィラキシーショックを起こすことがある
蚊の症状は、赤み、かゆみ、腫れで、年齢によって現れ方が異なる
ブヨは、刺されてから半日後くらいに症状が出始め、赤みやしこりがしばらく残ることもある
アブは、刺された直後に強い痛みが出て、時間を置いて腫れやかゆみがでてくる
ノミに刺されると、数日後に赤みやブツブツがでる
ダニは、室内ではイエダニ、屋外ではマダニなどに咬まれる可能性がある
ハチに刺されると、皮膚症状はすぐによくなるが、アナフィラキシーショックが起こることもあるので、要注意
ムカデは、痛みや腫れ、赤みなどの症状を引き起こすほか、アナフィラキシーショックの可能性もある
毛虫の中には針やとげに毒を有している種類がいて、これらにふれることで症状が現れる
虫刺されは、基本的には自然によくなることが多いが、刺された場所以外にも症状が出ている場合、全身症状が出ている場合、症状が改善しなかったり、悪化する場合には、皮膚科を受診すること
虫刺されは予防に取り組むことも重要です。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です