シミを取るには、医療レーザーでの施術が行われます。


医療クリニックや美容皮膚科でレーザー治療が行われていることはよく知られていますが、ここでちょっと詳しく内容をお伝えしておきましょう。

レーザー治療のしくみ
シミなどの部位には、排出されなかったメラニン色素が集まって沈着しています。
レーザーは黒や茶色のような濃い色だけに反応するので、その性質を利用してシミだけを狙い撃ちにするのです。
レーザーを照射すると、メラニン色素が集まる色の濃い部分に熱が生じ、その熱でメラニン色素が破壊されます。
レーザーでシミの除去をすると、輪ゴムで弾かれたような痛みがあると言われていますが、それは熱でメラニン色素が破壊された時の衝撃によるものです。

シミのない部分にレーザーが照射されても薄い色には反応しないので、強い影響はありません。
砕かれたメラニン色素は、肌のターンオーバーによって、老廃物として排出されていきます。

レーザー照射後、シミのあった箇所にはかさぶたができますが、かさぶたが剥がれ落ちたあとには、シミのない綺麗な肌ができています。
これは、今まで一般的に使われてきたナノ波レーザー機器による治療のあらましですが、最新の機器の場合は少し流れが違ってきます。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です