夏に肌荒れが起こる原因とは?
夏の肌荒れの原因って?夏の肌の状態やスキンケアのポイントを解説

それでは、夏の肌荒れの原因について詳しくみていきましょう。

乾燥
夏は、気温が高いことで汗をかきやすい季節です。汗と一緒に肌のうるおい成分も流出するため、日常的に汗をかくことが多い方は肌が乾燥しやすくなります。肌の水分と油分のバランスが崩れることで、かゆみや赤みなどの肌トラブルのリスクが上がるため、入念な保湿ケアが必要です。

紫外線
夏は紫外線量が多く、肌に大きなダメージを与えます。肌の表面に炎症を起こしたり、肌の奥へと侵入してコラーゲンを破壊したり、短期的・長期的に悪影響を及ぼすのです。特に、炎天下でのレジャーやマリンスポーツでは多くの紫外線を受けるため、入念に紫外線対策をしましょう。

冷房
冷房をかけると湿度が下がるため、肌の水分が奪われます。また、冷房の風に直接あたると、さらに乾燥しやすくなるでしょう。外出先では、冷房で部屋の湿度が下がりすぎているケースが少なくありません。自由に冷房を調整できないため、出先でもこまめに保湿することが大切です。

間違ったスキンケア
夏は肌のベタつきが気になって、洗浄力が強い洗顔料でゴシゴシと洗いがちです。皮脂の分泌が多くても、洗浄力が強い洗顔料を使ったり、ゴシゴシ洗ったりしてはいけません。肌のうるおいをキープしている皮脂まで洗い流してしまいます。

また、肌を自ら保湿する角層が傷ついて、カサつきや粉ふきなどが起こりやすくなるでしょう。

汗を放置する
汗を放置すると、蒸発するときに肌の水分を奪い去ってしまいます。汗が蒸発するときは、身体の熱を奪うことで体温が下がります。そのため、あえて汗をふきとらない方もいるのではないでしょうか。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です