普段から日焼けをしないように紫外線対策を行うことが美肌の鍵! 

紫外線の特徴と、対策に欠かせない日焼け止めの選び方を押さえておきましょう。

紫外線の種類

太陽から地表に届く紫外線は、波長の長さによって「UV-A」と「UV-B」に分けられます。

・UV-A
波長が長く、肌の奥の真皮まで到達する紫外線。肌の弾力を担うコラーゲンやエラスチンにダメージを与え、しわやたるみの原因になります。雲や窓ガラスまでも透過し、気づかぬうちに浴びやすいため、「生活紫外線」とも呼ばれます。

・UV-B
「レジャー紫外線」とも呼ばれ、主に屋外での日焼けの原因になります。大量に浴びると赤く炎症を起こし、軽いやけどを起こしたような状態に。シミやそばかす、乾燥の原因にもなります。

日焼け止めの表記、SPF・PAとは?

「SPF」は、UV-Bを防止する効果を表しています。1~50(50以上は50+)の数値で表示され、数値が高いほど赤い炎症を防ぐ効果が高くなります。「PA」は、UV-Aを防ぐ効果を表しています。+~++++の4段階で表示され、+が多いほど肌が黒くなるのを防ぐ効果が高くなります。季節や場所によって紫外線の量は異なるもの。日焼け止めのSPFとPAは、以下のように使用シーンに合わせて選びましょう。

・散歩・買い物などの日常生活:SPF20前後、PA+~++
・屋外での軽いスポーツやレジャー:SPF20~30前後、PA++~+++
・炎天下でのレジャーやマリンスポーツ、スキー場:SPF30~50+、PA++~++++

日焼け対策で注意したいのは、「冬や曇りの日も油断できない」ということ。晴れた日の紫外線が100%だとすると、曇りの日は約65%。雨の日でさえ約20%の紫外線を浴びてしまうのだとか。紫外線が降り注がない日はないので、1年365日、日焼け止めを塗りましょう。さらにUV-Aは窓ガラスも透過するので、陽の当たる室内にいる時も塗っておくことをおすすめします。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です