ホクロ


ほくろは「母斑細胞性母斑」または「単純黒子」と呼ばれる色素斑です。
ほとんどは良性で外見上の問題のみになりますが、中には悪性になる可能性のある危険なほくろの場合もありますので注意が必要になります。

診断

ダーモスコピーという検査器具を用い、良性のものか悪性のものかを判断します。
ほとんどの場合は良性ですが、以下の兆候が見られる場合は悪性の可能性も念頭にいれて診断します。

皮膚とほくろの境界線がはっきりしない場合
数年で急に大きくなった場合
色の濃淡が目立つ場合
出血を繰り返す場合

治療

良性の場合

当院ではサイズが小さい場合には炭酸ガスレーザーによる治療を選択したり、手術治療を行っています。
※レーザー治療や手術は本院(山本メディカルセンター)のみ行なっております。

悪性と疑われる場合

ほくろを手術にて摘出し、同時に病理検査に出して悪性かどうかの確定診断を行います。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です