しもやけ(凍瘡)とは?

しもやけ(霜焼け、凍瘡)とは、冷え込む季節に、手足の指や耳など体の末梢部分が赤紫色に腫れるものです。

痛がゆさを伴い、ひどくなると水ぶくれができたり、破れて潰瘍ができることもあります。

冷えによる血液循環の悪化が主な原因ですが、遺伝的な体質なども関係します。

保温により血行を改善させます。必要に応じて外用薬・内服薬を用います。

原因は?
繰り返す寒冷刺激によって、血液の循環が悪くなることで起こります。手足の指や耳などの体の末梢部分では特に細い血管が収縮・うっ血しやすく、その部分に多く発症します。

気温が4~5℃、1日のうちの寒暖差が10℃前後になると発症しやすくなるとされ、真冬よりも初冬や初春に多いのが特徴です。

遺伝的要素として、末梢の血液の流れを調節しにくい体質をもつ人は発症しやすいと考えられています。

手袋や靴下の中が汗でむれたり濡れたまま使用していると、皮膚表面の温度が下がりやすくなり、しもやけの誘因になることがあります。

どんな症状?
手や足の指、耳の外側部分のほか、鼻先、頬などが、赤紫色~黒っぽい紫色になって腫れます。

患部全体が赤紫色になって腫れる「樽柿型(T型)」と、小指の頭くらいの赤みや盛り上がり(丘疹)がところどころに見られる「多形紅斑型(M型)」と呼ばれるタイプがあります。

かゆい、痛い(じんじんするような痛がゆさ)といった症状を伴います。入浴したり、就寝時に布団に入るなどして体が温まるとかゆみが強くなります。

悪化すると水ぶくれ(水疱)ができたり、さらにそれが破れてジュクジュクした潰瘍になったりすることもあります。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です