ワキガとは?

冬のワキガは要注意!衣類に匂いが残る前に|ミセルクリニック

普通の汗のニオイとは別の、特有のニオイがワキから出ている状態をワキガ(腋臭症)と呼びます。
ワキには、アポクリン腺とエクリン腺という二種類の汗腺が存在しています。
エクリン腺が出す汗はサラサラとしていて蒸発しやすいため、ニオイはそれほど気になりません。
しかし、アポクリン腺が出す汗は、ベタベタとして皮脂やタンパク質を含んでいます。
汗の中の皮脂を細菌が分解すると、特有の強いニオイが発生してしまい、これがワキガ特有のニオイだと言われています。
アポクリン腺は思春期頃に発達するため、ワキガで悩む若年者には10代の方も多くいます。

なぜ冬にワキガのニオイが強くなるの?

冬のワキガは要注意!衣類に匂いが残る前に|ミセルクリニック

冬にワキガのニオイが強くなる原因についてまとめてみました。
すぐに行える対策方法についても一部紹介していますので、お悩みのある方はぜひ試してみてはいかがでしょうか。

体が乾燥しやすい
冬は気温が低くなるため、喉の渇きを感じにくくなります。
夏に比べると水分補給をする場面が少なくなりますが、空気は乾燥しているので、体も乾燥して汗の成分であるミネラル濃度も高くなりがちです。
そのため、ベタベタした汗の原因になります。

対策方法
喉の渇きを感じる前にこまめに水分を摂取するようにしましょう。
スープやお味噌汁などで食事中に水分を摂るのも良いでしょう。

汗が少なくなる
体外に出る汗の量が夏場に比べて少なくなる冬には、汗腺の働きが弱まってしまうために体内に老廃物がたまりやすくなります。
ベタベタとした汗が出やすくなると、ワキガのニオイの原因である雑菌が繁殖しやすくなるため、気になるニオイが発生してしまいます。

対策方法
運動や半身浴などを積極的に行って、汗を出す機会を増やすようにしましょう。

制汗ケアをしていない
夏に比べると汗の量が少なくなる冬には、制汗ケアの使用頻度が減少する方も多いのではないでしょうか。
濃度の高い汗でニオイが強くなりやすい冬場には、制汗アイテムを使ったケアが重要になります。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です