下着かぶれの主な原因って?

下着の通気性・素材・締め付けの強さに注意を
かわいい下着やセクシーなランジェリーを身につけたくなる方も多いでしょう。でも、こういった下着は見た目を重視した作りのため、肌にダメージを与えてしまう素材であったり、通気性が悪いこともあります。また、スタイルを良く見せるための補正下着など、締め付けが強いファンデーションを着用する方もいますね。実は、これらが下着かぶれの主な原因であり、「通気性」「素材」「締め付けの強さ」が、下着かぶれのカギを握っていると考えられます。

他にも、すすぎが不十分で洗剤が付着した下着でかぶれたり、皮膚と下着との摩擦(VIO脱毛をしている方含む)、夏場のストッキングのムレ、長時間のパンティーライナーの使用、などが挙げられます。
更年期を過ぎると、女性ホルモンの低下により、デリケートエリアが痩せて乾燥してくるため、かゆみを感じることもあります。
下着でかぶれてしまったら、
どうしたらいいですか?

肌に優しい素材や締め付けない下着に
まずは、肌に優しい素材の下着や、締め付けのない下着に替えてみましょう。汗をかいたらこまめに拭いたり、下着を替えるようにし、デリケートエリアを清潔に保ち、通気性を良くしましょう。下着の形状が締め付けに影響している場合もあるので、心地よくフィット感のある下着を選ぶことも大切です。Tバックやビキニタイプでかぶれてしまった方は、ボクサーやスタンダードタイプにすると症状がやわらぐ場合もあります。

かぶれやかゆみなど不快感がつらいときは、デリケートエリア専用のかゆみ止めを使ってもいいでしょう。
※長期間の使用は、皮膚が敏感になる場合があるので控えましょう。
下着によるかぶれ・かゆみを
防止するにはどうしたらいいですか?

まずは、かぶれやかゆみが起こる原因を減らしましょう。主な原因と考えられる「通気性」、「素材」、「締め付けの強さ」から考えて、あなたに合った対策を考えてみましょう。

コットンやシルクなどの天然素材を使った締め付け感が少ない下着や、縫い目のない機能性を重視した下着に替える
夏場のストッキングでムレる場合は、サスペンダータイプのパンティストッキングなど、デリケートエリアの通気性を意識したものにしてみる
出先でも替えの下着を持参して、履き替える
他にも、汗やおりもので湿った状態を長引かせないこともポイントです。
最近では、柔軟剤によるかぶれやかゆみを起こすケースもあるので、洗濯のすすぎは十分に行いましょう。

下着を選ぶ時は
どんなことに注意すればいいですか?

自分に合う素材を選びましょう
普段使いの場合は機能性や履き心地を重視しましょう
かわいい下着やセクシーなランジェリーを身につけるのも良いのですが、デリケートエリアの状態が気になる場合、日常的な使用や長時間着用する下着は、見た目だけではなく、機能性や履き心地の良さも重視しましょう。特にデリケートエリアに触れる部分は、自分の肌に合う素材であることが大切です。

例えば、レース素材が好みなら、パンティ全体はレースで、クロッチ部分はコットンなどの天然素材が使われているものを選んだり、ぴったりフィットするタイプが好みなら、縫い目のない機能重視の下着などを選ぶといいでしょう。
セクシーなランジェリーはクロッチ部分が狭いタイプもありますが、デリケートエリア全体を覆うタイプのものの方がトラブルは起きにくいでしょう。

カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です