寒冷・温熱蕁麻疹(じんましん)の原因と症状
外部からの寒さ・冷たさ、熱さ・温かさの刺激によって生じる蕁麻疹をそれぞれ「寒冷蕁麻疹」、「温熱蕁麻疹」と言います。
寒冷蕁麻疹は冷たい水や寒い風、温熱蕁麻疹はお風呂などの熱いお湯や暖房器具の熱風などが原因となることから、いずれも冬場に多く見られます。
局所性と全身性があり、局所性は刺激を受けたその部分に小さなふくらみ(膨疹:ぼうしん)が生じ、全身性は全身が冷えたり温まったりしたときに起こります。
いずれも小豆大ほどの大きさの膨疹が見られ、強い痒みと赤みを伴います。
通常、数時間後には跡形もなく自然に消えてしまうことがほとんどですが、何日も持続するようであれば皮膚科を受診しましょう。
蕁麻疹の原因は、刺激によって細胞から分泌されるヒスタミンという物質ですので、抗ヒスタミン薬の内服薬による治療が行われます。
カテゴリー: ブログ

0件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です