乾癬とは、慢性的な皮膚の炎症性疾患です。
皮膚の赤みや盛り上がった部位に、フケのような白いかさぶたが付着しているのが特徴で、痒みを伴います。日本では約10万人ほどの方が乾癬にかかっているとされております。

乾癬の原因

最近の研究では、乾癬が起きている部位では免疫にも異常が起きていることがわかってきました。
遺伝的なものや、外部要因などが原因となって免疫機能の異常が起きた結果、乾癬が起きる可能性が考えられます。

治療

乾癬の治療には、外用薬から内服薬、光線治療、生物学的製剤と複数の選択肢があります。
一般的には、まずは外用薬による治療からはじめ、経過を見ながら必要に応じて他の治療法も併用していきます。

自費による血液オゾンクレンジングも選択肢に

乾癬の原因が免疫機能の異常である可能性が最近の研究でわかってきています。
そのため、免疫機能の正常化・強化の観点から、オゾン注腸血液オゾンクレンジングを行うことで症状が落ち着く場合があります。