顔や身体にできるイボ(脂漏性角化症)は、紫外線の影響や老化に伴い発生する良性の腫瘍です。
角化した細胞が正常にはがれ落ちずに残存している状態です。
主に加齢とともにできやすくなるため、50代以降になると多く見られるようになります。

イボ自体は良性のものですので心配はありませんが、顔・首・脇の下・胸などにできるため、見た目や手触りなどが気になる方はご相談してください。

治療法

イボの大きさや状態などによって異なりますが、治療法としては液体窒素を用います。

自費診療

自費診療では、炭酸ガスレーザーや、サージトロンによる治療も行っています。

アクロコルドン(スキンタッグ)

首やわきなど、皮膚がすれるところにできるイボで、良性の腫瘍です。
昔は糸で縛る治療などがありましたが、液体窒素治療や専用のはさみで切り取って治療します。
液体窒素治療は保険適応ですが、術後色素沈着などで悩まれる方が多く、部位によっては専用のはさみで切除する方法(自費治療)をおすすめしております。