皮膚に接触した物質による刺激やアレルギーがきっかけとなって起きる皮膚炎で、正式には接触性皮膚炎と言われています。

かぶれの種類

刺激性によるかぶれ

植物や昆虫のほか、有機溶剤や灯油・石鹸に触れたことが原因になって起きるかぶれです。
また、衣類との摩擦による刺激が重なって起きる場合があります。

アレルギーによるかぶれ

化粧品や金属、ゴム製品など、身のまわりにある無数のものが原因になりえるかぶれです。
一度アレルギー反応が起きたものに対しては、今後も繰り返し同じ症状が起きますので触れないように注意する必要があります。

 

治療の方法

原因となった物質に触れないことが、一番の対処・予防になります。
症状がでてしまった場合には、ステロイド外用薬や抗ヒスタミン作用のある内服薬を用います。
ひどい症状の場合には、期間を絞ってステロイドの内服薬も併用する場合があります。